マイコミ囲碁文庫シリーズ やさしいヨセ サルスベリから目数計算まで
マイコミ囲碁文庫シリーズ やさしいヨセ サルスベリから目数計算まで


やさしいヨセのあとがきに書いた幻の一題です。

torazu3moku.jpg

このままで「3目」の黒地です、というのが、昭和の時代までの「日本棋院囲碁規約」にあった「取らず3目」の規定となります。

この問題図の右上を下図のように「3目の地」にしてしまえば、この問題と解答・解説は現代の「日本囲碁規約」でもそのまま使えることになります。

torazu3moku2.jpg

解答については後日、発表いたしますので「やさしいヨセ」本編終了後、オマケの一題としてお楽しみください。

愚形の代表、陣笠とアキ三角を取り上げています。

┬┬┬┬┬┬┐
┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼●┼┼┤
┼┼●A┼┼┤
┼B○●○┼┤
┼┼┼○┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼●┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼┼┼┼┤

 ここでAにつなぐのか、愚形に耐えられないとBにアテて形を作るのか。

もしAの段階にいるのなら

 

「今日から宗旨変えをしてください。そこには大きな飛躍があり、見違えるように洗練された碁が打てるようになるはずです。」

 

とのことです。確かに、ここでAにつながなくなるとすれば、これは大きな大きな飛躍ですね。

実践例に挙げられた、愚形をめぐるプロ同士の差し手争いの様子が印象的です。

 

 

碁の戦術 」のテーマ2は「ノゾキ」です。

アタリがアマチュアの悪手の横綱なら、ノゾキは大関。

 
┼┼┼┼┼┼┤
┼┼┼●┼┼┤
┼┼●╋┼┼┤
┼┼○●●┼┤
┼┼○○●┼┤
●○┼┤
┼┼○┼○┼┤
┼┼┼┼┼┼┤
┼●┼●┼○┤
┼┼┼┼●┼┤
┼┼┼┼┼┼┤
┴┴┴┴┴┴┘

黒1のノゾキがどんなひどい味消しか...は、示された2つの例をみてびっくり。
そんなことに影響があるなど、なかなか思いつきません。


味消しの他に一手遊ぶ例。

打ってもいいノゾキとは?

定石手順中、打たれなくなったノゾキの例。

藤沢秀行棋聖(当時)の打った味わい深い実戦進行。

 

など。


碁の戦術 」のテーマ1は「アタリに注意」です。

アマの碁の最大の欠点=無意識のアタリ

 

┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤ ├┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼●┼┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤ ├┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┤ ├┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●○┼┤ ├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤ └┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

1~3が今回の主役。


┌┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┬┐
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼●┼●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼●┼┼┼┼┼╋┼┼┼┼┼●┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●○┼┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼●●○┼┤
├┼┼●┼┼┼┼┼●┼┼┼┼┼●○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼○┼●○┼┤
├┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┼┤
└┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┴┘

この図の1~3のなんでもない応接に含まれる、味わうべき大切な「碁の原理」とは?

そして、打ってもいいアタリとは??

 お陰様で好評をいただいている「碁の戦術」とは、いったいどのような本なのでしょう。

碁の戦術 (マイコミ囲碁文庫シリーズ)
碁の戦術 (マイコミ囲碁文庫シリーズ) 月刊碁学

おすすめ平均
stars他の棋書と一線をかくす
starsすぐに役立つかも!!
stars凄い棋書が出た
stars最小の労力で最大の効果!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

まずは目次です。

テーマ1  アタリに注意
テーマ2  ノゾキ
テーマ3  石の形
テーマ4  定石の運用
テーマ5  三線と四線
テーマ6  石の調子
テーマ7  手順
テーマ8  サバキ
テーマ9  軽く打つ
テーマ10 相手の石を重くする
テーマ11 利かした石
テーマ12 利き筋
テーマ13 利かし~そのタイミングと反発
テーマ14 取り方・取らせ方
テーマ15 先手と後手
テーマ16 手筋
テーマ17 応手を問う
テーマ18 手割り
テーマ19 スソあき
テーマ20 サガリとコスミツケ
テーマ21 肩ツキ

 

アタリ、ノゾキといった、いかにも基本的な話に始まるのですが、後半の「利かし」「応手を問う」「手割り」といったテーマからうかがえるように、まさに「プロの思考法」が紹介されています。

 

ヨミの力はコツコツ、トレーニングを積んでいくしかない。

考え方・発想は、もしかすると一瞬で変わることがあるかもしれない。

今までいちども触れたことのない考え方を知れば...ゼロ→? 

その効果は計り知れない。

 

囲碁の総合力が、ヨミの力と考え方の組み合わせとするならば...この本は大きな飛躍をもたらす可能性がある...そう思いませんか?

まるまる一冊
無料ダウンロード ↓クリック↓


e-碁学シリーズ 新手・名場面集

↑今すぐクリックして無料でゲット!

続々刊行中
マイコミ囲碁文庫

このサイトを購読する