「命なるかな」の思い

「月刊碁学」は、昭和51年から平成元年まで、関西から出版された。

碁を覚えた人は、例外なく碁の魅力にとりつかれる。プロ棋士はその最たる者だが、大多数の人は上達を願いながら果たさずにいる。当時、関西棋院は陽のあたらない場所にいた。社会人としては仏様のようなプロが、黙々と碁を極めようとし、それを囲碁ファンに伝えたいと願った。いわゆる囲碁ジャーナリストが仲介して月刊誌になった。誌名は「碁の学校」から連想された。

雑誌の収支は、碁学社の代表である私の責任だが、はじめから苦しく、年々負担が増した。編集に力を尽くしたが、昭和の終わりに精も根も尽きた。数年後に阪神大震災で、バックナンバーのすべてを失った。

終刊から十数年、今もなお読者から問い合わせがあり、月刊碁学を惜しむを声が寄せられる。編集者冥利に尽きる。

昨年、84歳でパソコンを習いネットの碁を始めた。符節を合わせるように電子出版の企画が寄せられた。「命なるかな」の思いが深い。礼を失する言い方だが、月刊碁学が子供だとすると、このお話は、孫の出立を目を細めて見る感がある。一人でも多くのファンに迎えられ、碁学創刊の志が復活することを願わずにおれない。

miki.jpg

(株)碁学社 三木正

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

宮本直毅九段 天下五目 ネット指導碁日程決まる
「天下五目の必勝戦略」発売を記念して東洋囲碁(タイゼム)で行っていたキャンペーン...
「天下五目の必勝戦略」で宮本直毅九段に挑戦!
「天下五目の必勝戦略」の文庫版発売を記念して、タイゼム(東洋囲碁)とタイアップし...
囲碁の魅力10章
マイコミ囲碁文庫から9月に宮本直毅九段の「棋力開発テスト」が出ることになりまして...
別冊月刊碁学の復刻へ
月刊碁学の創刊は私が囲碁を覚えたのとほぼ同時期でした。 そして月刊碁学の復刻。そ...
「命なるかな」の思い
「月刊碁学」は、昭和51年から平成元年まで、関西から出版された。 碁を覚えた人は...
月刊碁学 廃刊時の新聞
図書館で朝日新聞の縮刷版を調べてきました。 朝日新聞 大阪版 1988年6月17...

まるまる一冊
無料ダウンロード ↓クリック↓


e-碁学シリーズ 新手・名場面集

↑今すぐクリックして無料でゲット!

続々刊行中
マイコミ囲碁文庫

このサイトを購読する